・:*:・゚'★.。・:*:・゚'☆♪・:*:・゚'★.。・:*:・゚'☆♪・:*:・゚'★.。・:*:・゚'☆♪・:*:・゚'★.。・:*:・゚'☆♪・:*:・゚'★.。・:*:・゚'☆*:・゚'

盲導犬普及支援オリジナルポスター【4作目】

「盲導犬普及支援の会・パストーネ」は2001年より、視覚に障がいのある方々の社会参加と自立した生活を
サポートするために必要な盲導犬と、その育成に携わるスタッフや訓練士、ボランティアの日常などバック
グラウンドにスポットを当てた啓発のオリジナルポスターを制作しています。
仔犬が盲導犬になるまでには、繁殖ボランティアやパピーウォーカーをはじめ、大勢のボランティアの皆さんが
愛情を持って育て、訓練センタースタッフやユーザー(盲導犬使用者)との共同訓練など、多くの人々の支えと
長い月日を経て、初めて盲導犬となります。

大切な命を紡ぐこの一人一人の思いが、どういった方々の支援のもと、ユーザーさんに託されているか、
盲導犬の貸与を心待ちにしておられる多くのユーザーの皆さんのために優秀な盲導犬を一刻も早く、そして
一頭でも多くお届けしたいと願い、盲導犬の育成の現場に日々携わり、支える人々の日常・リアルタイムを
モチーフに情景豊かなストーリーとして、お伝えして参ります。

以下↓第1作目、第2作目ポスター及び掲示実施の様子がご覧いただけます。
http://nkoku.jp/previous_gd-poster.html

以下↓のサムネイル画像をクリックすると第3作目以降のポスターがご覧いただけます。
3作目
4作目
仮設05作目
6作目
8作目 前章
8作目 序章

8作目

綾波 レイさん
と リヒトくん

暁美 ほむらさん
と アプリちゃん

11作目


加藤 茉莉香さん
と グラミスちゃん

ラライヤさん
と アムロくん

・:*:・゚'★.。・:*:・゚'☆♪・:*:・゚'★.。・:*:・゚'☆♪・:*:・゚'★.。・:*:・゚'☆♪・:*:・゚'★.。・:*:・゚'☆♪・:*:・゚'★.。・:*:・゚'☆*:・゚'

【ポスター:【4作目】についてのご紹介】

[作品:未来少年コナンについて]

大ヒット映画「崖の上のポニョ」をはじめ、「となりのトトロ」「千と千尋の神隠し」「風の谷のナウシカ」など数々の
ヒット作品を世に送り出した「スタジオジブリ」を主宰する宮崎 駿監督が、今から30年前の1978年にTV初監督
作品として手がけられた作品が「未来少年コナン」です。

西暦2008年ーは、未来少年コナンという作品の物語上、重要な舞台(発端)となった同じ年、オンエアから30年を
迎えたこの年、記念と敬愛の意味をこめ、少女時代のモンスリーさんを起用させて頂きました。そして2009年は
昨年に続く「未来少年コナン」シリーズの第2弾として、ヒロイン「ラナ」さんを起用させて頂きました。

・:*:・゚'★.。・:*:・゚'☆♪・:*:・゚'★.。・:*:・゚'☆♪・:*:・゚'★.。・:*:・゚'☆♪・:*:・゚'★.。・:*:・゚'☆♪・:*:・゚'★.。・:*:・゚'☆*:・゚'

[ポスター:【4作目】オフィシャルデータ]

製作ナンバー:No.4
作品名:未来少年コナン (C)Nippon Animation Co., Ltd.1978「未来少年コナン」より
キャラクター名:少女ラナ
公式発表日:2009年8月初出
仕様:「未来少年コナン」シリーズ、第2弾
発表エリア:福岡県内、北九州市 福岡市 前原市の小学校・中学校
起用犬種:ゴールデンレトリバー (色:プラチナライト、候補犬:約7ヶ月ほど)
いぬのなまえ:「サリー」
※原画を担当してくださった山本 三四郎氏から命名して頂きました。
コピー:「やさしさ育む大切な時間(とき)」
原画:山本 三四郎
美術:山本 二三
Photo:山越 康司(トライパッド)

・:*:・゚'★.。・:*:・゚'☆♪・:*:・゚'★.。・:*:・゚'☆♪・:*:・゚'★.。・:*:・゚'☆♪・:*:・゚'★.。・:*:・゚'☆♪・:*:・゚'★.。・:*:・゚'☆*:・゚'

【パピーウォーカーとして過ごす一年、大切な時間…。】

将来盲導犬として訓練を受ける仔犬(パピー)は生後2ヶ月から成犬になるまでの約10ヶ月、一般の家庭で
節度ある愛情を持って育てられます。視覚障がい者の生活と社会参加を補助する、盲導犬。
その盲導犬普及にとって、大変重要な役割を担う飼育ボランティアを「パピーウォーカー」といいます。

パピーウォーカーとして過ごす約一年の間に、仔犬は一般の家庭で、人間と暮らす最低限度のルールを
学びます。人との暮らしの中で、ご飯の時間や排泄の場所などのルール。また音や匂いなど、人とともに
生活しながら一定のサイクル・リズムを一つ一つ学んでいきます。
人と居ると嬉しい、楽しい。人は優しくて大好き。人と過ごすこの約一年の生活が、互いの信頼関係を
築き、仔犬のやさしくて温和な感性・性質が育まれる大切な時間(とき)となります。

やがて盲導犬として活躍するようになった時、パピーウォーキングの際培われ、育まれた人間との信頼
関係が、ユーザー(盲導犬使用者)を支える力強い「絆」に結びついていきます。

・:*:・゚'★.。・:*:・゚'☆♪・:*:・゚'★.。・:*:・゚'☆♪・:*:・゚'★.。・:*:・゚'☆♪・:*:・゚'★.。・:*:・゚'☆♪・:*:・゚'★.。・:*:・゚'☆*:・゚'

【盲導犬って可愛そう??ー知って欲しい…盲導犬の正しい知識】

「盲導犬は寿命が短いって聞くけど…本当?」「盲導犬は毎日お仕事だけして可哀想…。」
「盲導犬は無理やり働かされている」と、盲導犬について誤った情報や認識が、残念ながら多々
見受けられます。

盲導犬は人間の都合でお仕事ばかりさせられたり、無理やりに盲導犬にされることはまずありえ無いことを
是非ご理解ください。そのためにプロの訓練士の「適性判断」や「適性試験」が存在します。

盲導犬になる適性を備えた犬は、温和で優しく 理解力・判断力に特に秀でたセンス、感性を持ち、何より
人と居ることが好きな性質、リーダーを認識することが出来る能力を持ち合わせています。

その犬が持つポテンシャル(素養)が、盲導犬に向いているか?人と居ることが好きか?お仕事が好きか?
そういったいくつもの「適性判断」や段階があり、盲導犬に向いている犬だけが選出されます。
よって「無理やり盲導犬にされている?」とは、まったくの誤認です。

盲導犬がいかに優秀であっても、一番重要な点は、ユーザー(盲導犬使用者)が、盲導犬と「信頼関係」を
結ぶ努力が出来るか?すべてはここに掛かっています。
盲導犬は一生懸命ユーザーの意思に応えようとします。ユーザーも盲導犬を信頼し・理解しあいながら、
一緒に生活・訓練をともにし、相互に信頼関係を築くことができないと、成立しえない「絆」なのです。

犬にとってはリーダーを好きな気持ち、ユーザーにとっても盲導犬が好き。
そして「物言わぬ優秀な友」とめぐりあい、感謝と喜びの気持ちの相互関係があるからこそ、成り立って
いるのだという事をまず、ちゃんと知って頂きたいと思います。

●・:*:・゚'☆●・:*:・゚'☆●・:*:・゚'☆●・:*:・゚'☆●・:*:・゚'☆●・:*:・゚'☆●・:*:・゚'☆●

【盲導犬がハーネスを着けているときはお仕事の時間】

盲導犬は「ハーネス」をしているときだけ、お仕事をしています。
従って、「ハーネス」を着用していないときは、お仕事をしていないオフの時間です。
オフの時間はユーザーとのんびり過ごしたり、お昼寝をしたり、遊んだりと、一般家庭の犬たちとそう
変わらない時間がちゃんとあります。

「盲導犬は寿命が短いって聞くけど…本当?」との問いについて、寿命に関するもっとも最新の記述として、
去る2006年7月24日付の毎日新聞の記事があります。
盲導犬の平均寿命は13歳で、これは平均的なペット犬の寿命より1歳長いものです。
詳しくはウィキペディアの「盲導犬」に関する記述を参照ください。

盲導犬に対して、漠然としたイメージや先入観が先行して、これまで誤った知識を抱いておられた方が
おいでになるのも、無理も無いことだと思います。これからも盲導犬のこと、そして視覚障がい者のこと、
テレビや映画、本などに無いことはどんどんお調べ頂き、より正しくご理解いただけたら嬉しく思います。

・:*:・゚'★.。・:*:・゚'☆♪・:*:・゚'★.。・:*:・゚'☆♪・:*:・゚'★.。・:*:・゚'☆♪・:*:・゚'★.。・:*:・゚'☆♪・:*:・゚'★.。・:*:・゚'☆*:・゚'

【ポスターに関するお願い】

このポスターは、小学校(一部公共機関)への掲示を目的に制作されております。
従って、個人・一般に配布する事、及び「非売品」であり販売は一切致しません。
ポスターに関するお電話・メールでの個別のお問い合わせ、取材等はお控え下さいます様、
何卒お願い申し上げます。
※訓練センターは少人数のスタッフで運営しておりますので、皆様のご理解・ご協力を
お願い申し上げます。

注意:当サイトのすべての文章及び画像は、許可なく転載・改変を固く禁じます。